無料エロ動画の視聴は違法?

標準

エロ動画の中にはアダルトビデオを制作、販売している会社が公式で一部を無料公開しているものもあり、そういった動画をネット上から再生することは合法であることは分かりますが、それでは違法にアップロードされたアダルトビデオを視聴することは違法なのでしょうか。

政府の公式見解によれば、音楽や映像作品がサイト上に「違法」にアップロードされていて、それを視聴することは違法ではないとされています。つまりアップロードした人は罰せられる危険性があるものの、ストリーミングによる視聴者については刑罰の対象にならないということです。しかしながら、動画をストリーミングで視聴するのではなく、動画ファイルをネット上からダウンロードしてからプレイヤーソフトにて視聴するのは違法とされていますので注意が必要です。

ストリーミング再生だけならば無料エロ動画を見ても大丈夫、と覚えておくと良いでしょう。ですが、倫理的な問題があることも認識しておくべきです。つまり違法性が少なからずあることを「知りながら」視聴することは、偽物や海賊版と知りながら商品を購入しているのと同じようなもので、悪を助長させる可能性があることは知っておかなければならないのです。

セーフとアウトの基準

標準

無料動画と法律の関係は非常に難しく、合法か違法かの基準が曖昧になってしまっていることが問題視されています。エロ動画に限らず、これは他の動画に対しても同じことが言えますが、まず著作権上の理由からダウンロードするのは違法とされています。つまりアダルトビデオもミュージックビデオやミュージッククリップも視聴者がダウンロードするのは違法とされているのは明らかです。

ただし、グレーゾーンがあるのも事実で、個人で撮影した動画や有料配信されていないような動画や、公式で無料視聴が可能になっているような動画コンテンツの場合にはダウンロードしても処罰を受けなければならない可能性は低いと考えられています。

アップロードに関して言えば、これもダウンロードと似ていて、個人で撮影した動画などは違法性が無いため処罰の対象にはなり得ません。しかしながら個人撮影の動画でも、アーティストの許可無く音楽を組み込んだり、映像作品などを組み込んだりすることは違法になるケースもありますので注意が必要です。

最も無難なのは、そのような動画をダウンロードしたりアップロードしたりしないことで、ストリーミングによる楽しみ方のみをしていれば問題はありません。

無料動画と違法性

標準

楽しめる動画からエロ動画まで、幅広い動画コンテンツがアップロードされており、誰でも無料で動画を楽しむことが可能になっていますが、このことについて著作権の関係で違法性があるのではないかと議論が巻き起こっているのも事実です。例えばエロ動画を制作してDVDを販売している会社からしてみれば、同じ内容の動画が違法にコピー、インターネット上にアップロードされて誰でも無料で視聴できるようになってしまったら、DVDが売れなくなってしまうことも明らかで、利益を侵害されていることになります。

もう少し身近な例で言うならば、アーティストの音楽が動画サイト上にアップロードされることによってCDが売れなくなってしまったという例が挙げられます。

利益とアップロードに因果関係があるかどうかは微妙なところですが、全く無いと言い切ることはできず、法律の力によって解決がなされることもしばしば起こります。エロ動画の制作会社から、エロ動画を違法にアップロードした人に対して損害賠償を求められたというケースも少なからずあるほか、警察もアップロード者を探し出して逮捕するといったことも起こっています。現在では著作権を無視した動画のアップロードは違法行為とされていますので要注意です。

ネットと無料エロ動画

標準

情報通信技術が発達したことによってより便利なツールが増え、動画コンテンツはより身近な存在になりました。大手動画投稿サイトでは連日のように多数の動画が投稿されることになり、視聴料も無料ということもあって、多くの人々が見るようになってきています。動画サイトの閲覧はパソコンを用いて閲覧するのが一般的でしたが、現在ではスマートフォンやタブレット端末が普及したこともあり、誰でもどこでも無料で動画を楽しめる時代が到来したのです。

さて、インターネットサイトを閲覧している男性のみなさんは、エロ動画も無料で見られるということを既にお気づきだと思われますが、それではそういった無料エロ動画は誰がアップロードしているのでしょうか。

その答えは「どこかの誰か」という少し曖昧なものになります。動画ファイルをインターネットサイトにアップロードし、誰でも無料で視聴できるような環境を整えるのは、実は手順さえ踏めば誰でも行うことが可能です。そのため曖昧ではありますが、どこかの誰かが動画を投稿している、と答えるのが正しい表現となります。

しかしながら大抵の場合、動画を投稿する際にはサイトの運営を行っている人物や企業等に対して、何かしらの会員登録を行う必要があり、そこには個人情報を伝えなければならないこともあるため、視聴者に対して情報が秘匿されるものの、誰がアップロードしているのかは運営側が把握しており、無料エロ動画のアップロード者を特定することも可能です。